読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

ADHDとわたし

ADHD

アスペ関連の調査を進めていると(業務と密接に関連(笑))、ADHDに関する情報も入ってくる。

最初はナニゲに読んでいたのだが、次第に「ああ、オレは子供のころはADHDだったのだ」という(ほぼ)確信が形成されてきた。

思い当たることばかりである。ADHDの典型的な症状や基準を読むと、嫌な記憶がモワモワと思い浮かぶばかりだ。

いやあ。苦労したなあ。などと思いながら、今度はADHDにについて調べてみると、こんなページに辿り着いた。

ADHD OVERVIEW « Dr Hallowell

ふむふむ。大人のADHDの特徴ね。

以下の項目に12個以上当てはまったら、ADHDの診断を受けることを検討して欲しい、か。やってみるか。

(以下勝手に翻訳)

  • 漠然とした未達感。ゴールが分からない感じ。(実際には達成していたとしても)
  • 組織に所属するのが苦手
  • だらだら引き延ばす。着手できない
  • 多くのプロジェクトを同時に実行するが、どれも貫徹できない
  • 発言の適切さやタイミングを考慮しないまま思いついたことをしゃべってしまう
  • 何かと刺激を求める
  • 退屈に耐えられない
  • 簡単に注意が逸れる。集中できない。読書や会話の途中で突然無関心になったり「心ここにあらず」になる。しばしば集中できない
  • クリエイティブで、直観的で、高度に知性的なことがある
  • 決まったルートを通ったり"正しい"手順に従うことが苦手
  • 我慢できない。欲求不満に耐えられない
  • 衝動買いをする等、発言や行動が衝動的
  • 計画をコロコロ変える。新しい計画(キャリア・プランのような)をすぐに思いつく。短気
  • いらぬ心配を延々としている。実際の危険に注意を払ったり無視したりしつつ、別の心配のタネを探しがち
  • 守られている感じがしない
  • 人や仕事から離れていると気分が動揺する
  • 身体や認識に落ち着きがない
  • 中毒になりやすい
  • 自己評価に慢性的な問題がある
  • 自己観察が不正確
  • 家系にADHD躁鬱病薬物中毒者気分障害、衝動制御障害者がいる

えーと。18個当てはまったんですけど。

半分以上は「あー。そうそう。めっちゃ分かるわ」というただならぬ納得感。

オレって、今でもADHDなんですかね。決定ですかね。治るものじゃないっていうし、どうやらそう理解した方が良さそうですかね。

若い頃はそりゃいろんな苦労がありました。

社会人になってからも、いろんな苦労をして、頑張って来ましたわ。

細かい単純作業の繰り返しが苦手で、ケアレスミスが多かった。忘れ物も多かった。

衝動買いは今でもたまにやるけれど、少し理性的になってきた。

決算なんかは今でも気が進まなくて面倒臭くてやりたくないけれど、やらないと大変なことになるから(税金が増えるから)、必至で着手しようとしてるし。

上記のリスト一つ一つに、「あー。そうだったよな。苦労したよな。完全には克服できてないけど、まあ頑張ってるよな」という感想がついて回ります。

素人が勝手に判断するものではないのかもしれませんが。

思わず文体が混乱するほどに腑に落ちた体験だったのである。

(まあ、もう少し見極めてみようとは思うが。何せ、日常生活にはほぼ全く支障がないからね・・・。当然ながら、今の状態でよいと思っているので、診断を受ける予定もなし。)