A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

俺のGTD

先日丸善のワゴンセールで"Getting Things Done"というオーディオブック(CD7枚組)を買った。

就寝前や通勤途中に聞いている。9割は聞き飛ばしているが、残りの1割程度は何とか理解できる。

何度か聞くうちに、「GTDとは要するにTO DO管理だな」という印象を持った。紙でもタブレットでもいいから、とにかく思いついたことをメモする。定期的に見返して、洗い替える。再定義する。破棄する。

なんだ。当たり前じゃねーか。

いくらなんでも、こんな方法論だけでCD7枚分しゃべられるわけはないよな。きっとオレの理解が悪いんだろう。なんたって、1割ほどしか聞きとれてないんだから。

と思って邦訳を図書館で借りて読んでみた。(貸出件数は0。全て在架していた。一世を風靡した自己啓発書によくあるパターンだ)

「ストレスフリーの仕事術」(最近アフィリエイト諦めてます)。

読後。「なーんだ。やっぱり脳内に思い浮かんだTO DOをダンプして、定期的に見直せとしか書いてねーじゃねーか」。

当たり前である。だからといって、くだらなくはない。むしろ正しい。

正しいから、さっそく実践中である。

当方、よほど興味が持った対象でないと集中力が持続しない(生来のADHDボーダー気質(多分)に起因)。それに加えてこのところの加齢である。多少面白いなと思ったことでも持続しなくなってきた。

最近続けたいと思っても続かないのがAndroidのアプリ開発である。自分専用の写真メモツールβ版を作成し、活用してはいるものの、バグフィックスや操作の改善を一切やってない。これはよろしくないと思ったので、とりあえずTO DOリストに挙げた。

その他、部屋も散らかっているから掃除したい。

ブログのネタになるであろう断片的なメモも整理してアップしなければ。

問題は何にメモるか。

今実践しているのは、Google Keepにとりあえずメモ。単なる独り言は独り言付箋に。読みたい本は読みたい本リストに。

適宜スキマ時間に見直して以下の対応を行う。

すぐやれるものは、Keepに保持。やる気が起きたタイミングで一気にやる。(決算とかね。今週末にやるぞ!!)

いつかはやりたいなーと思うものはKeepの別の付箋に転記。("Someday maybe list"(by GTD)とは言いえて妙である)

ちょっと厄介なものは、再定義してGmailの下書きに転記する。この時、TO DOのブレークダウン、ステップ化、詳細化を検討する。

Gmailには以下のラベルを作成してある。

  • todo_business
  • todo_private
  • todo_blog

TO DOの質によって、上記のラベルを張り付け、管理する。

期日管理は今のところ必要と思っていないが、Keepのアラーム機能が使えそうだ。

今まで(ストレスが強かったこともあって)帰宅したら泥酔して寝るだけだったのだが、最近、本を読むようになったり、軽いTO DOに着手できるようになった。

「俺のGTD」。なかなかいい感じで回りそうなのである。