A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

アスペルガー!

思い返してみると、幼少期~~大学生くらいまではADHDアスペルガー的なキャラだったような気がする。

自閉症スペクトラムでいうところの、ボーダーといったところだろうか。(合ってるかな)

子供の頃は、とにかく落ち着きが無かった。

中学三年の頃から大学生まで、友達とうまく合わなかった。

当時から今でも付き合いのある友達は非常に少ない。

.

社会人になって知り会った人の方が続いている。かなり薄いが。

.

えーと。難しいな。

昔の話をするのは、難しい。

混乱する。言葉にならない。

.

今の自分は、自分で言うのもなんだが、かなり空気が読める。人の気持ちも分かる。複数の人がバラバラと話をしているのを、ちゃんと理解できる。会議を引っ張ることもできる。

.

どうしてこうなった。

.

ADHDとかアスペの人のブログを見ていると、なぜだか他人事では思えないのである。

Silent Voices

てつさんのアスペルガー症候群奮闘記

意味不明な人々-発達障害(ADHD、アスペルガー)と人格障害に取り組む

今のわたしをADHDとかアスペだとか言う人はいないだろう。

とすれば、わたしはADHDでもアスペでもない、と言えるのだろうか。

とすれば、わたしが感じるADHDとかアスペ対する共感は何なのか。

.

高次脳機能障害だから。

そんな風に思う。

脳とは、実に面白いと思うのだ。