A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

寝ても覚めても

仕事の合間にアスペルガー(以下AS)について調べている。

勉強になる。世の中には苦労していらっしゃる方が多いのだ。

ちょっと話したくらいでは、絶対に分からない。

しばらく話してみても、分からない。せいぜいちょっとした違和感を覚えるくらいだ。

始終顔を合わせる状況になると、その異常性に気が付く。しかし、普通は病気とまでは思わないだろう。「境界性人格障害」とは、言いえて妙である。微妙だけれど、何かが確実に違う。違和感が半端ない。恐怖を覚えるほどである。

ASだと思えば得心が行く。

.

極めて無礼なメールがしばしば来る。

周りがすくむほどの痛烈な嫌味を言われる。

悪意は(さほど)ないのだ。そういう言葉しか思いつかないのだ。ASのなせるワザである。

とすれば、気にすることもない。

話が通じていない。会議で他の人が発言しているとイライラしている様子が見て取れる。 当人の話が長い。しかも退屈である。 細かい部分に異様にこだわる。

どう考えてもIT業界には向かないタイプだと思う。でも、リストラされていない。それはなぜか。

脇役としては重宝するからだと気が付いた。

空気が読めない。だから会議で遠慮なく発言する。

細かいところに異常にとらわれるから、たまにシステムのリスクに気がつくことがある。

脇で泳がせておくには、悪くないキャラクターである。

しかし、アスペがプロジェクトをドライブし始めると、とんでもないことになる。

細部にこだわり過ぎる。優先順位が付けられない。会議で延々しゃべり続ける。人の意見を聞かない。

もちろんお客さんの話も聞かない。常に押しつけがましい。

困ったものだと思うのだが、本人やご家族もこれまで苦しい思いをされてきたのだろうなあと察するところもある。

温かく見守った方がよいような気もするのだが、プロジェクトの進行には有害なことは間違いない。

どうやら味方は現れたものの、難しいところなのだ。