A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

見た夢とかアスペルガーとか

会社の機密を盗んだ奴を追っている。

奴が、スーパーのバックヤードに逃げ込んだ。後を追いかける。

ふと周りを見回すと、アンパンと和菓子が積んである。アンパンも和菓子も、先ほどコンビニで購入したものと同じだ。このままではこちらが泥棒扱いである。

マズいと思いながら、シレッとした顔をして出ようとしたところを店員に捕まる。

「あなた、ちょっとそのかばんを見せて下さい・・・これは何ですか」

あんぱんと和菓子を見とがめられる。

「これは別のコンビニで購入したんですよ。本当です」

「・・・ちょっと事務所まで来てもらいましょうか」

このまま万引き犯にされてしまうと、家族に迷惑が掛かる。どうしたものか。と冷や汗をかいている。ふと財布にレシートを入れたことに気が付く。

「本当ですよ。ほら、このレシートを見てください」

レシートには確かにアンパンと和菓子が記載されている。

「ふーん。分かりましたけど、だいたいスーパーのバックヤードに関係者以外が入ってはダメなんだから、気を付けてくださいよ」

と店員が不機嫌そうに言う。

.

目が覚める。心臓が動悸動悸している。

情けない夢を見ることは珍しくはない。

他に悪くないイメージもいくつかあった気がするが、断片的だし、記憶にも残っていない。

.

ストレス源のモンスター。

いわゆるアスペではないだろうか、と思い始めた。

たぶん、アスペルガーの話

異常に空気が読めない。

言葉の端々に猛烈に突っかかってくる。(自分が今までされたことを他人に倍返ししていると思えばつじつまが合う)

上司には異様に媚びる。(限度が分からないのだ)

素人が勝手に決めつけるのも良くないし、そう決めつけたところで何が解決するわけでもないのだが。

世の中には苦労している人がいるのだな、ということである。

.

春である。桜の芽が目立ち始めている。

行きつけの居酒屋で、顔見知りと、美味い酒を愉快に飲むのが週末の慣習と化している。

それでも、何となく気分が晴れないのは不思議だ。

と、ふと一年前のブログを読んでみたら(はてブロに移行する前のブログ)、やっぱり鬱っぽくなっていた。

どうやら3末と5末あたりに鬱の気分がやってくるようだ。

仕方がないから、出来るだけ低調に過ごすしかないと思うのである。