A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

2014/1/20早朝

大きな船?島?に集団で隔離された環境でいろいろといやな目に会う。これは長編だった。

マッコウクジラを観測していて危ない目に会う。

酔っぱらって19:00台から眠ってしまい、1:00頃から思う存分ウトウトした。時折癒されるイメージはあったような気もする。だが、いい夢の記憶は残っていない。

大量の飲酒の後で、鬱っぽい気分になることがある。深夜に目が覚めて「オレはいったい何をしているのだ?」などと深刻な気分で歯を磨くのである。昨日はそうはならなかったようで良かった。わりと普通の気分で2度寝、3度寝したと思う。

.

ウトウトしながら考えたこと。

例えばビジネス街でサラリーパーソンがごった返す風景を、恋をしている若者が眺めるのと、うつ病の患者が眺めるのとでは、全くその意味合いは変わってくる。

人によって世界は変わるということだが、同じ人が見たって、心持次第で世界を大きく変えることができる、ということでもある。

ちょっと滅入った気分になった時、たまに「戦争から無事に生きてかえって来た」設定で世界を捉え直してみることがある。

しんどいことはしんどいが、働いて、家族を養って、朝や夜には子供と話すこともできる、この生活が十分幸せなものに思える。

世の中にはやっかいな人がいる。ほとんど「邪悪な人間」だって存在するのだ。衝突することもある。でもまあ、生きてるだけで丸儲けである。できるだけ楽しく過ごすのが、限られた時間を生きる人間の義務なような気もするのである。