A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

2013/12/01早朝

ショッピングモールの裏手。山から見ている。

屋外駐車場があって、遠くに山と観覧車と海が霞んで見える。

ビルは4階建てだ。脇に、屋上の駐車場につながる道路が構築されている。

とても懐かしい光景だが記憶にはない。

遠くのビルが動き出した。

と思ったら「ぬりかべ」である。

f:id:scotchandsoda:20131201062811j:plain

しかもセル画っぽい。

ビルほどもあるぬりかべがぞろぞろと駐車場に集まってくる。何だかがっかりである。

ヘリコプターもやってきた。乗っていたのは、ねこむすめだ。

f:id:scotchandsoda:20131201062815j:plain

古い方のキャラである。ヒドイ夢だ。半分目が覚める。ぬりかべねこむすめを乗せたヘリを消滅させる。

再び「山からショッピングモールの裏手を見下ろす」懐かしいイメージに戻る。小学生の頃だろうか?

当時住んでいた団地の裏手にいる。イチジクの木が一本立っている。舗装する前のどぶ川では、よくザリガニが取れたものだ。遠くまで田んぼが広がっている。

団地の表から、よく釣りをした水門を目指して自転車に乗る。団地を出て左に曲がり、まっすぐに進む。田んぼ。住宅。そして田んぼ。その向こうに高校が見える。その先はぼんやりとした灰色だ。進むことができない。

反対方向に向かう。住宅街を超えるとショッピングモールがあるが、夢に出て来たそれとは別の場所である。道路を渡り、大型の家電ストアに入ったところでイヤな記憶がどんどん涌き出て、完全に目が覚める。

既に起きていた妻から「もう起きるの?」と声が掛かる。

「何時?」

「6時10分」

「起きるよ」

やかんには熱いお湯が入っている。妻がコーヒーを淹れたのだ。

わたしはルイボスティーを飲む。

f:id:scotchandsoda:20131201062112j:plain

昔からカフェインに弱かった。コーヒー一杯が限度だった。それ以上飲むと脈拍が上がり、気分が悪くなるのだ。最近は紅茶すら厳しい。年のせいだろう。

ミントティーには「女子お茶倶楽部~ぽかぽかさんのレモン&ジンジャー」とあった。いささか不愉快である。オジサンで悪かったな、と思う。

今日は忙しくなるはずだ。充実した休日にしようと思う。