A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

秘密保護法案?

分からない。官僚を利するだけの法案である。

昭和、高度成長期時代。

下々の者は気にするな。いいようにしてやるから。と経済成長のみを追求し、原発を推進し、アメリカの言いなりになり、沖縄に面倒くさいことを押し付けてきた官僚と政治家たち。

官僚が引いた路線を、馬車馬のように駆け回った戦後&段階世代。いろいろ問題はあったけれど、何だか随分豊かになっているし、飢える人もそんなにいないし、ふんだんに電気が供給されて、夜は煌々と明かりがともっているし、冷たいビールも、美味い肴も食える。これはこれで別にいいか。と思っていた、そのツケが回ってきたのが、いろいろひずみが出て来たのが、まさに今ではないか。

フクシマの現状ではないか。

少子高齢化化然り。年金問題しかり。イケイケドンドン路線が、とっくに時代遅れになっている。

ネットのない昔は、高級官僚や政治家と接触できるような、一部の評論家(西部邁のヤロー)やらジャーナリストたちが独占していた情報が、今ではあっという間に広がっている。

TwitterやらFacebookやらブログで、低いレベルから傾聴すべきレベルまで、いろんな意見が出されている。

政治家や官僚は、さぞかし鬱陶しいに違いない。

そんな中で出来た法案である。

知らせないための法案。原発の何が問題かも知らせないつもりだろうか。竹島尖閣で何が起こっているかを知らせないつもりなのか。

自分たちの好きなように動かせた、昭和の時代に戻りたいのか。

あるいは、台頭する中国の脅威に応じるために、アメリカと仲良くするための法案なのか。

どうにも、時代遅れというか、亡国&売国な法律にしか思えないのである。

意図が分からない。何が隠されているのか。維新の党もみんなの党も素直に従ったということは、やはりアメリカからの圧力があったと思うのが妥当じゃなかろうか。今まさにケネディ駐日大使が愛想を振りまいていることを考えると、アメリカがこの法案に何も反応しないことを考えると、あながち的を外してはないように思えてならない。

権力者にとって、これほど都合のいい法案はないだろう。都合の悪い情報は、隠せ。オスプレイの危険度など、知らせるな。

それにしても、この法案の真意も分からず(わたしにも分かっていないが)、自民党のやることだから、安倍総理のやることだからと、盲目的に支持する層が、特にネットに散見されるのが興味深い。

左だろうが右だろうが、この法律があれば好きなように出来てしまうじゃないか。そこまで考える想像力がないのだろう。

ネットで声の大きい層は、やはり偏っていると思うのである。

この法案が否決or骨抜きになることを願って止まない。まさに亡国の法案である。