A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

2013/11/18早朝

ビルの中を歩いている。熾烈なリストラが断行されているという噂のある会社だ。

リストラの対象となったと思われる人を幾人か見かける。どうやら、最後のテストに受かればクビは免れるシステムらしい。

「オレは大丈夫だよ。得意分野だ」と、自身満々の人もいれば「全然分からないよ。もうダメだ」と頭を抱えている人もいた。

自分のデスクに戻って、紺ブレを二着持って来たことに気が付く。一着あればいいのだ。アタッシェケースに仕舞おうと開けてみる。下着やシャツがたくさん入っている。いつの間にか裸になっていた。焦って着る物を探す。少し離れたデスクで4,50代の女性が仕事をしている。接点のない人だ。裸のわたしには全く関心がないようで、少し助かったと思う。裸でオフィスにいることが問題になるまえに、適切な服を探さねばとアタッシェケースを漁る。

いつの間にか家に戻って、箪笥の引き出しを探している。靴下がなかなか見つからない。あ、あった。と思って履こうとしてみたら、娘の靴下だった。最近、洗濯してなかったからなあ、と後悔しながら、靴下を探す。

朝の6:00である。なぜかテレビが付いていて、昔の懐かしいアニメを放映していた。妖怪+ロボット物である。なぜ、この時間帯にこんなマニアックなアニメが?と思う。久しぶりに見たが、良くできていると感心する。動きがなめらかだから、リメイクなのだろうか。

家の右手に、スナックのような店の裏口が出来ている。男装のホステス?と思しき人が、何人か出入りしている。左手には、二坪ほどの小さい立ち飲み屋が出来ていた。板前さんらしきが2人、なんだか陰惨な感じの男性のウェイターが1人働いている。お土産に焼き鳥を買って帰ろうと思ったが、営業時間が0:00~2:30までとあって、これでは買えないと思う。スナックの二次会、あるいは営業後のスタッフをターゲットにしているのだろうか。

家に入ると子供たちがまだ起きている。もう0:00近い。寝るべき時間だ。叱りつけて布団に追い込む。スナックがそばにあるはずなのに、とても静かだ。よほど防音がしっかりしているのだろう。

外を歩いている。大きな居酒屋が見えた。中を覗くと、営業は終わっていて、店員がまかないを食べている。前の会社で働いていた後輩がいた。中に入り、「こいつをよろしくお願いします」とあいさつに行き、雑談をして帰る。

.

昨日は酒を控えめにして、9:30頃に就寝した。当然のごとく体調は悪くない。

最近ストレスに負けて酒の量が増えているので、要注意だと思う。