A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

2013/11/10早朝

昨日は9時台に寝た。微妙に体調が良い。

トイレとか浴槽の夢をしょっちゅう見る。昨夜はぬいぐるみだか乾いた洗濯物を抱えながら「困ったなあ」と便座に座っていた。トイレを出ると風呂はどぼどぼとお湯が張られている途中で、2割くらいお湯が溜まっていた。トイレと風呂の夢を見る理由は、フロイトに聞くまでもなく、膀胱が張ったせいだろうと思う。

夜中の3~5時に一度起きて、朝までウトウトすることが多い。最後のウトウトの質が、睡眠の質を左右する。夢を見るのも、その時間帯である。昨日のウトウト時に見た夢はこういうものだった。

大きな木造の家に縁側から上がる。親戚が揃っているようだ。実家とはつくりが違うから、恐らくは祖父母の家である(現実とは違う)。帰省を終えて、実家を出ようとしているところだ。わたしのボストンバッグに、叔母さんが酢の瓶を詰めている。うっかり「酢がなくなるのが早い」と言ってしまったからだ。困ったなと思いながら、バッグの酢の瓶を眺める。生卵も入っているのだ。割れやしないかと心配になる。いっそゆで卵にして運ぼうかと思ったら、とうとう卵が割れる。中は半熟のゆで卵だった。次に、従兄が豚骨ラーメンをボストンバッグに流し込み始めた。さすがに怒ったら、困った顔をしていた。困ったなあと思いながら、目を覚ました。

盛っているわけではない。この通り、夢を見た。書いてみると面白い夢だが、実際に見ている間はただひたすら困っていただけである。もう少し楽しい夢が見たいなあと、いつも願っているのだが。