A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

チャーハン

子供たちからチャーハンを頼まれていた。

望むところである。たまに作らないと、腕が鈍る。

古布をリサイクルに出した帰りにイナゲヤに寄って、具を検討する。

無着色のたらこは高い。加工肉は避けたい。牛鶏豚の生肉をそのまま入れるわけにはいかない。面白みのない味になる。いっそ潔く卵チャーハンにするか。と思ったら一切れ190円の生鮭に目が行った。

よし。これをフレークにしよう。鮭チャーハンだ。

まずはフレークである。白ごはん.comのこのレシピを参考にするのは二度目だ。

テフロン加工のフライパンに鮭を並べる。日本酒を入れ、ふたをして蒸し焼きにする。

f:id:scotchandsoda:20131109101923j:plain

弱火にしてタイマーを5分仕掛けてピアノを弾いていたらパチパチという音が聞こえた。しまったと思って蓋を開けてみると、かつて日本酒だった辺りが焦げている。

f:id:scotchandsoda:20131109102934j:plain

火はちゃんと通っているようだ。皮が焦げたが、使わないから問題がない。

f:id:scotchandsoda:20131109103102j:plain

フライパンを洗い、鮭と塩少々を入れて炒ったら完成である。

f:id:scotchandsoda:20131109104512j:plain

次はチャーハン。

今度は中華鍋を使う。

f:id:scotchandsoda:20131109120207j:plain

あらかじめご飯を冷ましておく。熱々ホカホカでなければ大丈夫だ。

ネギを刻み、卵を溶く。下ごしらえが終わったらフライパンに火を入れる。

カンカンに熱くなったら、油を大目に投入。ここから終始強火、一気に仕上げるのだ。

ネギを投入し、ざっと炒めてから卵を入れる。

玉子の周りを焦がさないようにしばらく炒めてご飯を投入。

金色になるまで炒める。

最後に塩と鮭フレークを入れて完成である。

f:id:scotchandsoda:20131109120324j:plain

f:id:scotchandsoda:20131109122148j:plain

どうやら塩が足りなかった。チャーハンの塩加減は難しい。

鮭もあと一切れくらいあった方が良かった。

もう一つ言えば、デジカメのホワイトバランスは毎回調整した方がよかった。

ウェイパーも何も入れなかったから、よく言えばヘルシー、悪く言えばそっけない味だ。ジャンキーの対極にある。これはこれで悪くはない。

子供たちから好評だったのが救いであった。

それにしても、古布を出して米を炊きチャーハンを作ったら午前が終わってしまった。家事に振り回されていれば時間はあっという間に消えていく。専業主婦は大変だという。むべなるかなと思ったのだ。