A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

仕事の出来ない人3

仕事が出来ない人は、仕事が出来ない。

原因も結果もない。そのまんまである。

仕事が出来ないから、仕事が出来ないのである。

そうとしか言えないとは思うのだが、同語反復では仕方がないからちょっと考えてみる。

仕事が出来ないから、仕事が出来ない。

時系列で整理してみよう。

求められていることが分からないから、仕事ができない。

上司の言ってることが分からない。相手の気持ちが分からない。

背景が分からない。意味作用が分からない。

前提知識がない。想像が及ばない。共感が出来ない。

想像「力」が不足している。共感「力」が不足している。

今も「聞く力」などという新書が売れている。「力」というのは便利な言葉だ。カタカナの「カ」と見分けがつかないのが残念である。

言われたことが分からないから、不安になる。

不安になるから、目の前の言葉にすがりつく。

すなわち「言われたこと」文字通りの言葉にまい進するのである。

現場を知らない上司が漠然とした不安に追われて思いつくタスクは、まず頓珍漢なものだ。

出来る人は、上司と会話して、上司の本当の懸念がどこにあるかを明らかにすることができる。漠然とした上司のタスクを修正し、具体化し、正しい方向に導くことができる。

出来ない人は、上司の本当の懸念が分からない。分からないから、申し訳ないと思って、上司が命じた通りにがむしゃらに仕事をする。

無駄なことを、全力でやり始める。

しかも、周りを捲き込む。

「無駄なことを全力でやるほど無駄なことはない」とはドラッカーの言葉である。

ドラッカーが言わなければならないような言葉か?実に情けないと思う。

出来ない人が全力でやる仕事は、会社のリソースの無駄遣いである。

なお残念なのは、こんな出来ない人が出世することである。

上司にとっては「ちょっとズレてるが、誠実でかわいい奴だ」ということになる。

上司のバカな思い付きを全力で遂行する「出来ない人」。

そんな人が、出世する。

そんな人が出世したら、どうなるか。

おバカな指示を出すことになる。

どうなるか。

上司のおバカな指示を全力遂行する、おバカな部下が評価され、出世する。

まことにお気の毒な会社と言わざるを得まい。

おバカに可愛がられたおバカが出世する。

虐待の連鎖に近いものがある。

独立するといろいろ気苦労は多いが、おバカな組織に属さないというのは、なかなか快適なものなのだ。

(半匿名ブログとは言え、こんな皮肉な投稿をしていいものか、と思わないでもないが)