A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

私的居酒屋入門(1)

f:id:scotchandsoda:20130715200835j:plain
(写真はお世話になってるお店ブログから拝借))

行きつけの居酒屋(バー)を持つ。

どうですかね。

以下、問答無用で「そういうの興味あるなあ」という方限定とさせて頂きます。

行きつけの居酒屋。

仕事場とも、家庭とも違う、別の居場所がある。

いいでしょ?

仕事が終わった後、何となく満たされない時に、軽く一杯ひっかける場所。

ヒマな休日の午後、昼寝した妻とテレビに釘づけの子供たちを置いて、明るいうちに軽く一杯飲みに行く場所。

マスターに顔を覚えてもらう。「あ。いらっしゃい」なんて。

悪くないでしょ?

ご近所の行きつけ。

ジモティーってやつですな。

10年住んでると、いろいろ知り合いが出来ちゃう。

あー。どうもコンチワ。なんてご近所ですれ違いざまに挨拶をする機会が増えてくる。

最初は引きつりながら(嫌々)挨拶してたのが、どうせだからニコニコ挨拶して「いい天気ですねえ」なんて余計なひと言を付けくわえるようになる。

そうすると、相手も(や。そう来たか)なんて、愛想良くなって、情報をくれたりるワケ。

犬の散歩している奥様と1,2分談笑なんかしたりして。

こういうの、若い頃は面倒くさかったんですが、今になってくるとそれもまた「ワルクナイかな」って。

にこやかに挨拶をすると、自分も高められるんですね。面白いもんで。

3.11もあったし。

天変地異があったらお隣さんの気配がない。気になるけれど、ご近所づきあいがなかったから、どうしたらいいか。子供が泣いてるようだ(オロオロ)。そんなのはちょっとね。

「ご近所づきあい鬱陶しい」そう思ってたのが、あっという間に「ご近所づきあい大事だね」となる。

そして、酒が好きだ。(唐突だな)

ということは、ご近所に行きつけの酒場があってもいいよね。(飛躍し過ぎ)

だったら。どういう店がいいか。(強引)

オサレなバーがいいか。普通の居酒屋がいいか。ちょっと特色のある居酒屋がいいか。

そこはもう、ノリと好みですわな。

わたしの場合。

バーってなんだかカッコつけな感じがして面倒くさい。

それにご近所だから、知り合いに「アイツ、子持ちのくせにこんな場所で飲んでるとは、ひょっとしてナンパ&お持ち帰り狙いか?イヤらしいやつだ」(んなわけあるか)とか、「カッコつけやがって。ヘッ!」とか思われると(思わないか)面倒くさい。

普通の居酒屋。

うーん。普通のビールやお酒、ちょっとした料理だったら、家で食べた方が安くて美味い。行きつける必要ないよな。

ってことは、ちょっと特色のある、リーズナブルな居酒屋がいいよね。

ちょっとそこいらのスーパーでは買えないお酒を、リーズナブルな価格で頂ける。

そんな店が、きっとあります。ご近所に。

じゃあ、行ってみようか。とおっかなびっくり出かけるわけ。

(続く)