A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

唐揚げ大成功

昨日は夕食担当でした。

子供は「給食が和食だから、夕食は洋食にして」とのこと。

洋食か。ハンバーグもカレーもこの間作ったし。

ということで、久しぶりに唐揚げでも作ろうかと。
洋食じゃないかもしれないけど、文句は出ないだろう。

唐揚げ。納得できた試しがないんですな。

子供にはそこそこ好評なんだけど、わたし的にはイマイチ。皮の仕上がりが難しい。どうしてもベチャッとしてしまう。

揚げ物を上手に作るには油の温度を正確に計るのがよいと聞いたことがありますが、妻に温度計が欲しいと言ったら「衣をポイッてやれば分かるじゃん。モノを増やす必要なし」と却下されたのです。

揚げ物という調理方式もワリと敷居は高い。「大丈夫かなあ」と若干の及び腰で着手。

レシピはGoogleで上位に来たクックパッドを参照しました。

やはり漬け込み&二度揚げがキーなのか。面倒クサイけどやってみるか。

肉を2時間ほど漬け込んで、ちゃんと二度揚げ。

結果。(これは翌日の写真。無いよりはましかと思って)

f:id:scotchandsoda:20130629062513j:plain

あ。これこれ!

衣がちゃんとスーパーで売ってる唐揚げレベルになってました。ベチャッとしてない。

ちゃんとレシピ通りやれば、ちゃんと美味しくできるのだ。と当たり前のことを確認したのでありました。定番レシピ確保。

一度目は中温で、二度目は高温で。

そんな神経質になる必要はないようで。一度目は中温(※)で数分。ベージュ色程度になったら引上げ。きつね色になっちゃってもOKっすよ。

※ 衣を入れたら一旦底まで付きそうになってジワジワ上がってくる感じ

次に火を強めて数十秒待って、再度投入。きつね色になったら完成。

余熱で火を入れるってこと。最後に高温で皮を仕上げること。これがポイント。

続いてはアフィリエイト コーナー。

揚げ物、野菜炒めはやはり中華鍋ですね。

カンカンに火を入れて調理すると、何故かくっつきません。お手入れも案外楽。しかも一生モノ(多分)。わたしはWebで評判のよかった山田工業所の打ち出し中華鍋を使っています。お値段もリーズナブル。

山田工業所 鉄 打出片手中華鍋 27cm (板厚1.2mm)

少しでも省スペースと思って27cmのを購入したのですが、やはり大は小を兼ねるようで。

山田工業所 鉄 打出片手中華鍋 33cm(板厚1.2mm)

33cmのを買っておけば良かったなあ。などと思っています。
(4人家族で野菜炒めだったら、33cmでも二回調理になりそうだけど。マーボー豆腐とかなら一回で済みそう)

野菜炒め、モヤシ炒めをしゃっきり作る時に必須の水切り。

パール金属 たっぷり水切り マイティ野菜水切り器 C-66

場所は取りますが、サラダ、炒め物の味がぐんと上がります。思い切って購入して正解でした。

無くても済むものの、やはりあったら便利と思われる温度計。

TANITA クックサーモ 揚げもの用温度計 5495B

欲しいとは思いつつ。

そしてついでに。

脱力系食べ物エッセイの金字塔?

f:id:scotchandsoda:20130629062716j:plain

毎日新聞のアサッテ君はかなりアレですが、このエッセイは面白いです。

東海林さだおのフルコース―“丸かじり”傑作選 (朝日文庫)

この本。

図書館に行った下の子が「あ!パパの好きな本だ!パパ喜ぶぞ!」と、ワクテカで借りていたそうです(妻談)。泣けるぜ。

病気とかでぐったりしてる時や、酒飲んでぼーっとしてるときに眺めると、結構癒されます。

以上。