A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

自民党がワタミ社長を擁立した件

もう一発だけワタミネタ。

(ワタミ社長じゃなくて、会長なんですね。でもまあ、面倒くさいから社長で押し通します)

Web周りで悲鳴が聞こえるワタミ社長の自民党出馬。というか比例トップということで、ほぼ議員になることが確定。

随分金を積んだんだろう。とは思いますが、多分それだけではなく、自民にとって利用価値があったから彼を擁立したに違いない。そうでなければ比例トップにする必要がないですから。

ワタミ社長をどう利用するか。

やはり一つは、正社員の首を切りやすくしたり、税金を上げたりといった、経済方面での憎まれ役をすることになるのかな。と思います。

そりゃあ、正社員の首を切りやすくすると、若者の正社員雇用は増えると思いますよ。

今の法律では正社員の保護が手厚くて、雇うのが大変という側面が確かにありますから。

しかし、その副作用も大きいでしょうな。特に子供を持っていて転職もままならぬ正社員の人にとっては、場合によっては大変なプレッシャーになりますね。

ま、それはさておき。

二つ目。

これは想像ですが、官僚とのバトル要員かなと。

東大法学部とか京大経済、早慶という高学歴で固まった官僚に立ち向かうには、ファナティック・叩き上げ・ワタミ社長は結構適役だと思われます。

公務員改革とか、官僚の天下り廃止とか、危険なエリアに踏み込んで行かせるにはよいキャラなのではないでしょうか。

もし、この予想が当たって、ワタミ社長がいろいろ動き始めると、週刊文春あたりからワタミを叩くネタがぞろぞろ(ソースは官僚)出てきたり、国税庁がワタミにマルサに入ったり、検察が変な動きになったりとか(全て小沢一郎がやられたことですな)、そういうことになったりしたら、なかなか興味深いんじゃなかろうか。などとも思います。

もし本当に官僚と戦いだしたらば、ワタミ氏を応援してもいいんじゃないですかね。

どうでしょうか。

以上。