A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

来ました「ワーク・シフト」

f:id:scotchandsoda:20130614175745j:plain

書店で見つけて早速図書館で予約した時には、既に60人程度の待ちだったかな。
数か月たってようやく到着。なかなか長かったのです。

もう買ったらどうか。という話ですな。
でも、モノが増えるのが嫌なのです。多少待っても図書館で済ませてしまえと。申し訳ないような気もしつつ。

さて内容。

かなり(・∀・)イイ!! です。知的興奮が味わえた本。

これからどう時代は変わっていくのか。それにつれて仕事はどう変わるのか。どういう方向に進むべきなのか。

  • 先進国の少子高齢化。長寿化。
  • 先進国に共通する年金、社会保険料の負担増大。
  • インド・中国の台頭。
  • 化石燃料の枯渇。
  • 地球温暖化。

「今そこにある未来」(ドラッカーTM)ってヤツですな。

「あー。面倒くさいけど、いつかは腰据えて考えなアカンなー」と思っていた課題ばかり。

これを読むことで、ずいぶん時間の節約になりました。素人が少ないデータを元に考えるより、いろんなデータを持ってるプロが考えてくれたということで、これは助かった!という本です。(なんか買ってもいい気もしてきたな。子供が大きくなったら読ませたいし)

今後、どうなる可能性があるか。

■これからの若い世代は、ワークライフバランスを重視するとか、環境を意識するとか、今の世代の人とは考え方が違ってくる。働くスタイルも変わってくるだろう。(なるほどねえ。でも上の世代が、自分のスタイルを下に押し付けるとかありそうだな。日本では)

■年取っても働くことになる。(これは想定通り。今の仕事を続けるとして、同じ働き方をしてたら体力的にもたんな。在宅勤務とか、そういう業態に変わって行かないと続けられない。とすれば・・・)

■都市化とIT化が進むにつれ、人々が孤独になっていく可能性が高い。(言われてみれば納得。やっぱりエンジニアコミュニティみたいなのを作っていきたいなあ。でも、どうすんだ?)

■専門技能を、どんどん横展開しながら、磨いていかないとダメなんだなー。(そりゃそうだなー)

■キーワードはポッセ(仲間)。(なるほどねえ)

とかとか。

今まで漠然と考えていたことが、少しだけ形を持ったような。

未来のことは分からないですが、出来るだけ先を見越して勉強したり、動いていこうと思うのです。

以上。

(自分では買ってないのにアフィリンクを貼るというね)