A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

起業して7年目に突入

ぶっちゃけ6年目あたりからようやく腹が据わってきた感じですかね。

正直5年目までは「いっそ思い切って人を増やすか?あるいはどっかで就職して廃業してしまうか?」という迷いがあったように思います。

今になってようやく「少なくとも子供たちが成人して仕事するまではエンジニアやりたいぜ」という覚悟が定まってきました。

やっぱり、組織に属したくないんだよねー。現場の方が面白いと思うんだよねー。

そんな軽いノリでいいのか。組織に属した方が安定するじゃないか。なんのかんの言って組織が強いぜ。

いや、もう別にいいっすよ。って感じ。このまま、やれるだけ一人会社やっていきますよ。

6年間。潰れるとか、そんな心配はなかったですね。借金があるわけじゃなし。当面の生活費もある。最悪1か月収入が途絶える可能性はあって、そのことは心配したけれど。

エンジニアビジネスって売上≒粗利だから、結構安直に起業できちゃうんですな。

そういえばわたしと同時期にチームで起業した会社が二つほどありました。一組はわたしが勤めていた会社からのスピンアウト組で、もう一つはあるお客さんの元で働いていたフリーランスが集まったような会社だったかな。

前者は、社長(わたしと同世代だったハズ)が凄く苦労している、といううわさを一時耳にした以降、最近聞かなくなりました。現場にもその社員がいなくなった感じ。解散したんじゃないかな。

後者は数年で潰れたハズ。

前者。基本的に皆スキルを持っていたから、一旦求心力がなくなるとバラバラになったのではないかと推測。

後者。率直に言ってパーツが弱かったかな。一旦エンドユーザーがコストカット始めるとパタッと仕事がなくなって、それで潰れたと推測。

一人で、コネとか出会いとかを大事にしながら、勉強しながら、地味に続ける分にはリスクの少ない業態だと思います。

ぶっちゃけ野心もないしな。

兵隊を集めて一人あたま月5万ピンハネしてやろう。20人集めれば月収100万だぜ。みたいなビジネスモデルやってたら、続けるの難しいっすよね。

かと言ってこれ一本ってのはちょっと心配だから。と副業に着手したものの、軌道に乗るまではまだまだかかりそうな状況で。

順風満帆とはとても言えない。

今後も足掻くしかないのかな。とか思っています。

よく分かりませんが以上。