A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

「好き」を仕事に

好きなことを仕事にするって考え方はどうでしょう?

そんな甘いもんじゃないよ。と言われるのでしょうか?

好きなことを仕事にするんじゃなくて、今の仕事を好きになれよ。とかお説教食らったりするのでしょうか?

でも、実際のところ、好きなことを仕事にするってことは別に珍しいことじゃないとも言えるんじゃないでしょうか?

例えば、Linux触るのが嫌いな人が、UNIXの基盤屋やるか?とか。

データベースとかJavaとか嫌いな人が、アプリ開発の仕事やるか?とか。

程度の差こそあれ「好きだからこの仕事をやってる人」や「仕事してて楽しい人」は少なからずいらっしゃるんじゃないかと思いますね。

わたしが最近始めた副業、ホットサンドの移動販売も、やっぱり「好き」で始めたビジネス。

料理作るのが好きですから。

人に何か作って食べさせて、美味しいと言ってもらえるのが好きですから。

移動販売だから、基本的に市販の材料を焼いて供するだけです。大したもんじゃありませんけどね。(独立した厨房がないと、本格的な仕込みはしてはいけないことになってる。移動販売ビジネスのネック)

趣味でずっと料理してきましたが、まさか料理で副業することになるとは思いませんでした。

でも、考えてみれば自然なことなんですね。

好きじゃなきゃやらないっすよ。

道端でホットサンド焼いて売るなんて、できないっすよ。好きじゃなきゃ。

ということで、副業を何か始めようとおもったら、やっぱ好きなことじゃないとやってられないっす。続かないっす。

これが当然かなと。

そう考えると何か別のビジネスでも始めようかと検討した時、「好き」とか「趣味」の引き出しが重要だよなあ、と思いますね。

好きだったら続けられる。

趣味でやってきたから、詳しい。

「好き」とか「趣味」のエリアに、案外ビジネスのタネが転がっているのかもしれない。そんな風に思ったりもするのです。

そう簡単には行かないだろう。などと思わず、とにかくやってみることは大事でしょうね。

以上。