A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

泡沫知識と本質の把握

Hatena Blogに引っ越した時、せっかくだから出来るだけアクセス数を集めてみようと思っていろいろ調べてみたことがありましたが・・・

どうも、オレには向いてないな。

という結論に至りました。

わたしのブログ更新の第一の目的は自己慰安であって(胸を張って言うことじゃない)、アクセスを集めようと思って書こうとは思えない。
SEOってのも面倒くさい。やる気にならん。

出来るだけ毎日の更新を志向しつつ、足掻きながら書くくらいでいいかと。

ブログを通じて何事かしたい、という遠い目標はありますけどね。

エンジニアコミュニティ的なものに関わったり?運営する?みたいな?

バーチャルじゃなくて、リアルなコミュニティ?お互い協力して仕事をしたり?でも会社共同体とかじゃなくて、もう少し緩やかなつながりで?何を言ってるんだオレは?

とりあえずIBM系のハード、ミドル周りで個人事業主とか一人~数人会社やってる方はコメント書き込んでやって下さい。情報交換しましょう。

それはさておき。

アクセス数を大量に集めるたぐいのサイトを見ても、正直あまり惹かれないんですな。

軽い話題が多すぎる。

何言ってんの。軽い話題だからこそいいんじゃないか。Webで重い話なんか、読みたくないよ。 サラッと読めてパッと気分転換できるような(なるほど!それ明日からやってみよう!)そんな知識の方がいい。物を捨てたらハッピーになるよ。とか、笑顔でいたら気分がいいよ。とか。Tips的な情報大歓迎。

それも分かりますけどね。個人的にはあまり読みたくはないです。時間のムダというか。

Tips的というか裏ワザ的というかちょっとした気分転換?みたいな知識って、その場限りだと思うんですな。

「知るってことはガンの告知だ」とは養老孟司氏の言葉ですが、せっかくだからそのくらいの衝撃を受けたいじゃありませんか。いや、ガンの告知をされたいわけじゃなくて。

人生観が少し(あるいは大きく)変わるような。

漠然とネットサーフィンしているだけだと、そういう人生観が変わるような知識を身に着けることは難しいですわな。

本を読んだり、テレビを見たり、新聞を見たり、いろんな人と出会ったりする。

えり好みせず、いろんな情報を仕入れてみる。できるだけバイアスをなくすように意識してみる。

そして何よりも自分で考えてみる。

すると、いつかおおっ!そうだったのか!ということが出てくる。

本質を把握するって、そういうことじゃないかと。

ただし、せっかく把握した本質も、言葉にすると陳腐だったりしてね。

伝わらねー。ってことが多いのは残念ですな。

「ん?知ってるよ。当たり前じゃん」 「いやいや、そんな浅いレベルの話じゃないんだよ!」

って。

例えば源泉徴収とか護送船団とか霞が関とかブラック会社とか、言葉は誰でも知ってます。しかし、それらの言葉を戦後奇跡的な高度成長を実現したものの、今では少子化や原発などの課題を抱える日本と関連させて理解したとき、わたしは「おおっ!」と思いました。そういうことだったのか!って。

逆に言えば、キャッチーな泡沫知識の方が短期的にはウケる。アクセス数を稼げる。そういうことでもあるんですけどね。はは。

そういえば、ビジネスになるのも泡沫知識の方なんだよなあ。とも思ったりもします。C言語のポインタとかメモリの取り方とかなんてビジネスにならんから、キャッチーな泡沫ジャーゴンが出ては消えるですな。

えーと。以上ということにしておこう。