A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

充実した自宅作業

いわゆる基盤構築系の仕事をメインにしているので、自宅で仕事することはあまりありません。

サーバとかストレージ製品の設定作業とか手順確認とか、自宅じゃできないっすからね。

設計書とか報告書なら家で書けるでしょ?

いやいや。家で黙々と作るもんじゃないですな、

リーダー、メンバーと会話しながらの方がやりやすい。というか、調整しながら作らないと手戻りが発生してしまい、却って非効率。コミュニケーション取りながら進めた方がいい。 ま、方向性が決まって、ほぼ合意が取れて、後は作るだけ!の状態になれば一人で黙々やるのも速いけどね。たまに自宅作業するとしても、その程度。

しかし、今日は違った。

午前中は検討資料の作成。

午後はcygwin + pdksh + db2のフリー版 でガリガリコーディング。

いやー。捗った。素晴らしい。

コーディングって、まとまった時間がいるじゃないですか。

一日8時間働くとしたって、午前中にメールとか電話とか会話とかして、午後にミーティング入ったりしてショーモナイ宿題もらったりすると、もうまとまった時間取れないじゃないですか。

つーことで、本日は「できれば家でずっと仕事したい(でも、何かあったら執務室に出るけど・・・)」と宣言して、家でずっとコーディング。

春休みの子供たちがちょっとうるさかったけど、捗りましたねえ。

念願のsubversionも入れられたし。

UTも自動化したし。(ツール使ってない。UTシェルをゴリゴリ書いただけ)

捗ったなあ。とか思いながら、月桂冠 月(安酒)の上燗を頂いているのです。

充実した一日であった。

以上。