A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

(個人の)雑所得か法人の(事業)所得か

引き続き副業の申告形態の検討です。

・「雑所得」案

役員の個人的な小遣い稼ぎと認識する方法。

【ストーリー】

「資本金を原資に商売してるのに、どうして役員の雑所得になるの?」

 → 役員が個人的に経済的利益を受けてるわけだから役員報酬じゃないの? → 所得税取るぞオラ

という突っ込みに対しては、資本金の利用については役員への貸付金とする。「返す予定。実際に返せる。よって報酬じゃない(所得税の対象じゃない)」。

 → 会社の所得じゃないの?→ 法人税取るぞオラ

本業とはあまりリンクしない。よって「会社事業とは強い関係はない。規模も小さい。だから法人事業所得ではない」。というロジック。

副業について、別途帳簿で管理する。(減価償却等もちゃんと付ける。年間20万を超えるかどうかを把握するため)

安定して所得が20万を超える見込みが出来たらば、法人事業とのシナジーも見込めることもあり、法人事業所得とする。

【メリット】

法人の申告に含める必要がない。
個人としても基本的に申告不要。(年末調整で用が済めば)
20万の所得までは非課税でポケットに入ると考えてよい。
仮に20万儲かったら、ざっくり200万分の所得税が還付されると思えばよい。要は丸儲け。(説明は端折る)

【デメリット】

役員貸付金は返却しなきゃダメ。返却の原資は役員の所得。よって所得税支払い済みの金を使って、返却する。
すなわち、役員の所得が経費の原資となることを意味する。=所得税課税済みのお金を商売の原資としなきゃいけない。
だから稼ぎがあって初めて経費で落とせることになる。赤字だと意味がない。マイナスの経費が付けられない。損益通算も出来ない。

雑所得については別帳簿で管理する必要がある。→どんぶり勘定になりがち?


・「法人の事業所得」案

【詳細】

法人事業として、費用と売り上げをちゃんと付ける。詳細は割愛。

【メリット】

経費がキチンと付けられる。
どんぶり勘定になりにくい。
法人の所得と損益通算ができる。(基本赤字だからあまり意味ないけれど)

【デメリット】

収益に対して、ちゃんと税金が掛かってくる。(基本赤字だからあまり意味ないけれど)
具体的には役員報酬で受け取ることになり、その所得税が掛かる。儲かれば。


・結論。

大した差はない。
雑所得だとドンブリになりそうだし、赤字も付けられないから、最初から法人事業所得としてやるのがよいという気がしています。

以上。