A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

副業と税金

一人会社の経営者が副業でお金を稼ぐとき、その所得を税務署にどう見せるか。

ワリと興味深い話題であります。

節税の話ね。

パターンは三つ。

(1)見せない(個人雑所得とする) (2)個人事業所得とする (3)法人事業所得とする

以下でざっと見てみましょう。

.

まずは・・・

(1)見せない(個人雑所得とする)

確定申告が不要で(年末調整で税額確定してて)、所得(売上-経費)が20万以下だったら、申告しなくてもOKっぽい。(多分正しい。→気になる人はGoogle先生に聞いてね

ただ、寄附金控除とかで確定申告しなきゃいけない場合は、記載しなきゃだめ&記載したらば総合課税になる??から、ビミョーといえばビミョー。<<ダマっててもバレないだろうって??むにゃむにゃ)

あと住民税の申告にはちゃんと書かなくちゃだめ。(これ、実務で行われてるのかね)

細々と副業する&年間20万以下の利益が出る場合、これが一番得しますね。 ただし、事業が軌道に乗ってしまったらこの手は使えない。

.

(2)個人の事業所得とする。

このメリットは、副業で損が出た場合に役員報酬と損益通算して、役員報酬の所得税の還付を受けられる&住民税が安くなること。ただし、厚生年金保険料は戻らない。(逆に事業所得分の厚生年金保険料を支払う必要もない)

デメリットは、税務署に開業届が必要なこと。

利益が出てしまうと、所得税が増えること。

減価償却のような、キャッシュの出ないコストがさほどないので、2,3年以降は黒字化する可能性が無きにしもあらず。とすると、個人の事業所得として出すメリットはないなあ。

それから、会社の資本金を元手にしてるところも弱いかも。「これは会社とは関係ない。わたし個人の事業です」「じゃあ、どうして会社の資本金使ってるの?これ、役員報酬と見做していい?」みたいな。

.

(3)法人の事業所得とする。

メリットは経費を法人に付けられること。

デメリットは特にないかな。既に赤字だから、これ以上赤字を増やしてもしょうがない、ってのはあるけれど。

案1は事業が順調に行くまでの暫定案としてはアリだな。
案2は黒字になると所得税が増えてイタイ。

とりあえず、雑所得で行くかなあ。とか思っているのです。

副業で年間20万の所得ってのも、難しいよな。

どうしようかね。

引き続き検討しよう。うむ。

参考メモ)Yahoo知恵袋 雑所得の住民税申告について とか