A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

Kindle欲しい

なんのかんの言って間欠的に湧き出る物欲。

今回わたくしが囚われたのがKindleさんです。

言わずと知れたAmazonの電子書籍リーダー。

欲しいと思ったきっかけになったのがこちらのブログ「『Kindle Paperwhite』を1週間使ってみてわかった7つの良点! 」。

楽しげな様子に興味を持ったので、ちょっと調べてみたらこりゃええかも。と。

.

何がいいって、PDFを持ち歩けること。

ノートPCには入ってますが、電車で立ったまま読めないですからね。

電車で技術書PDFを読める。
こりゃ捗る。

これだけで十分買う理由になります

.

さて。ネットでDLした技術系PDF(PHPとかIBM製品のマニュアルとか)は読むとして、他は何読もう。

後は洋書かな。
辞書と一緒に買って、何となく読む。
英語の勉強になりそうだ。
(ちなみにSonyの電子書籍リーダーは洋書の取り扱いがなさそう?なのでわたし的にアウト判定)

多分、日本の小説は買わないと思うな。

自己啓発書も買わないな。例えドラッカーレベルでも。(もう飽きたわ)

ドラッカー原書で読んだこともありますが、実際の英会話には役に立たなそうだから、もう買わないかなー。

日本のだったら案外「詩」とか読むかな。あとは外国の小説とか?コンラッドとか、フィッツジェラルドの短編とか。

などと楽しく考えていてふと慄然。

.

あ、Kindleあったら、オレ本屋で買わんわ。

これは自明の理。

電車で読むこと優先。
よって、PDFで持ち歩けるコンテンツであることが最優先。

どうしても読みたい本があったら?

図書館で借りるな。・・・

何という恐るべき結論。

.

って気が付くの遅すぎですわな。

Googleが著作権どうのこうの、Kindleがどうしたこしたいった話は、もう数年前?から出てますからね。こんなことになるなんて全然思わなかったわ。アホかオレ?

しかし、出版業のお偉いさんもキチンとこの事実に向き合って来たんですかね?よく知りませんけど。

ということで、本日の投稿のポイント。

それは「分かった分かった」と思ってても「本当は分かってない」ことがある。気を付けないけまへんな。ということです。

Kindleは知ってた。
Googleがガンガン書籍を電子化して一部で反対している、という動きがあったと記憶している。

でも、わたしはその意味を全然自分に引き付けて考えてなかったんですな。

Kindleがわが物欲の対象になって初めて、その意味とインパクトが分かったという。

ぼーっとしててはイカンなあと思ったと同時に、かといっていちいちネット上のジャーゴンに関わるわけにもイカンよなあ。などと思っているのです。

そして本日。

ナイーブなわたくしは池袋BICカメラと、YAMADA電気に参上して「Kindle下さい」と申し出たのですが(返品のしやすさを考慮して実店舗で買おうという判断)「予約販売しかしてません」とあっさり返されて。
Amazonのサイトで決定的に品薄になっていることに、遅ればせながら気が付いたのでありました。

以上です。