A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

一人株式会社という選択2

会社を辞めて起業する人としない人の違いについて考えてみました。

会社で生きるとは、上司、先輩、自分、後輩、そしてバックオフィス、営業、生産など別の部署の人々が織りなす人間関係の中で生きるということに他なりません。

楽なもんじゃありません。ストレスだって強い。

でも、居心地がよくない訳ではない。暇なときはデスクでのんびりネットサーフィンしながら時間つぶしができる。フラッと同期のところに行って情報交換したり、終業後に飲みに行ったりする。

そんな人は決して起業しないと思いますね。

独立起業する人。

それは会社組織に属して生きることに、いたたまれなさを感じる人じゃなかろうかと。
あるいは仕事がないのに会社にいると、人生を無駄遣いしているように思える人。
起業を志すのは、どちらかと言うとこういうタイプの人だと思います。

「このままじゃダメだ」「この生き方はイヤだ」という衝動が人を起業に駆り立てるのだと思います。

(何となく続く予定)