A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

恐るべきスキルの安売り場「クラウドソーシングlancers」

f:id:scotchandsoda:20121114141922j:plain

はてなブックマークから辿ったWebで生きていくなら絶対にあった方が良い道具のまとめ | enjiBlog で、ランサーズというサイトを見つけました。 (ランサーズ運営会社

一言でいえば、フリーランスを対象とした仕事オークション。
サラリーパーソンの方でもイケるとは思います。

第一印象。

とにかく、安いわ。

小遣い稼ぎにならないかな、と軽くチェックしてみましたが、正直どの案件もやってられません。
「少しは妥当?」と思える仕事もあることはありますが・・・。

念のため2chを確認。例によって厳しい書き込みが多いものの、今回ばかりは同意してしまいました。
【開発系】Lancers情報共有スレ【プログラム】

プログラムの作成ってちょっと勉強すれば簡単に出来る気がするんですよね。

開発チュートリアルにあるような、シンプルな掲示板とか作ってみると。
あ。これだったら俺にも出来るな。
でも、面倒臭いな。Lancersで依頼しちゃえ。
値段は10,000円で十分だろう。だってオレだって書けそうだもの。みたいな。

でも、そんな簡単じゃないんです。

要件吸い上げたり、細かく例外処理を作り込んでいくと。

ランサーズで稼げる人なら、他でいくらでも稼げるんじゃない?とか思ってしまいます。あの値段で作るとかスーパーマンかよ!って。

ランサーズの理念は悪くないと思います。
ノマド的()なワークスタイルのサポート。
個人をエンパワーメントする。
とかとか。

しかし、実際には安い仕事、怪しい仕事の吹き溜まりになっている感じ。

泥臭いリアルなつながりを大事にする方が、いい仕事が来ることは間違いないんじゃないかと思いました。

クラウド・サービスって何となく匿名っぽい感じがするのはわたしだけでしょうか。
人が見えない、というか。

もしその印象が正しいとしたら、良い質の仕事を、妥当な対価を払って得ようとする人が、果たして匿名クラウド集団に仕事を提示するのかどうか。

営業力や情報収集力が課題となるフリーランスにとってはありがたいサービスには違いありませんが、どうも現実とミスマッチがあるような気がしてしまいます。

難しいところですね。

以上。