A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

夢日記

チーズ・チキンサンドイッチ、残り物のゴーヤチャンプルー、キウィ、夏野菜のスープ。 Cheese chicken sandwitches, bitter melon stir-fried with pork and tofu which is yesterday's leftover. Kiwi, Soup of summer vegitables. 夏の写真の後は夢とか瞑…

何かの味噌汁。多分ナスとかその辺。にんにく味噌焼き豚のおにぎらず。トマト。山芋ニンニク酢醤油漬け。茹で卵。 写真の後で悪夢について。 最近よく出て来るイメージ。 小型の黒ライオンである。 駅のロータリー辺りで、堂々と昼寝をしている。 小型といっ…

典型的な悪夢

13:30の飛行機に乗らなければならない。 今は朝の9:00だ。まだ十分時間はあると思うが、荷物も詰めなければならないし、搭乗準備も必要だ。土産だって買うかもしれない。 13:00には搭乗口でのんびり待っている状況が望ましい。ぎりぎりの時間に焦るのは避け…

桜の季節

数年前、受験をやり直した夢を見た。 リアリティのある夢だった。 大学生活をやり直そうとした強い衝動を、今でも覚えている。 夢の中で勉強をやり直し、受験した。 結局、出身大学に再入学した。他の大学に行きたかったが、そこしか受からなかったのである…

夢日記

長期休暇が終わろうとしている。まだ宿題が残っている。自由研究だ。 西武線で何かイベントがあったはずだ。ホームのベンチに座って電車を待つ。駅の周囲は閑散とした住宅街である。まだ時間はある。知り合いが来て横に座った。まずまず親しい友人だ。談笑を…

夢日記

洒落たオフィスに来ている。 一人がけの席に社員が並んでいる。四人がけの席もある。居心地のいいカフェのようだ。落ち着いて仕事ができそうだ。「ここで働きたい」と思える会社は珍しい。 松葉杖をついてスーツを着た壮年の男性が歩いてくる。社長のようだ…

夢日記

木々の緑と切り立った岩に囲まれた洞窟が見える。入り口の大きさは5メートルくらいだろう。観光客がちらほら見える。観光名所なのだ。平地から山の頂上まで続く長い洞窟である。 足元がはっきり見えるのは、ところどころ照明が点いているせいか。上部の穴が…

よく見る夢とかお台場とか

大学院の修士課程に入り直している。 仕事をするよりも、勉強していた方が楽だったからだ。安きに流れただけである。 収入は激減。これで良かったのか。と悩み、自己嫌悪に陥っている。 . 別の夢。 . 自転車で家路を辿っている。仕事帰りである。 途中、急な…

今朝の目覚め等

夢に出て来る高校生の自分は引きこもりである。 学校に行かなきゃならない。昨日もサボった。一昨日もサボった。今日こそ学校に行かねば。 気が付いたら9時を過ぎている。遅刻確定だ。遅刻してもいいから、とにかく学校に行かねばと思いながら、家を出るこ…

マッコウクジラのエイトビート

明方に見た夢を思い出した。 切り立った崖から湾を臨んでいる。 クジラが集まってくるのが分かる。 もぐったり潮を吹いたり、元気に活動しているのだ。珍しい。これは見ものだと思って眺める。 そのうち、クジラのしっぽが海面を叩き出す。エイトビートのリ…

酔っ払ってみた夢とか

土日は沼津と熱海に行った。久しぶりの家族旅行であった。実名Facebookにはいくつか投稿した。気が向いたらこっちにもアップしようと思う。 懸案だったAndroidの写真メモアプリも、何とかバグフィックスができた。TODO管理は大事である。時折プログラミング…

GTDとか

入学試験に遅刻する夢を見た。 心臓が動悸動悸して目が覚めた。しばらくはパニックである。自分が社会人であることを思い出したのは数分後だ。 十分な準備をしないまま入試に臨んでしまったな、という後悔(言い訳)が未だにあるようだ。 今度この夢を見るの…

断片的な夢

断片的な夢の記憶が残っている。 漆黒の夜に横断歩道を渡る夢。時折車がライトも点けずに猛スピードで走る合間を、反射材を身にまとって歩く。 何かにつまづく。犬である。首輪と綱が付いているから、逃げ出したのだろうか。人懐こく甘えてきて可愛いと思う…

見た夢とかアスペルガーとか

会社の機密を盗んだ奴を追っている。 奴が、スーパーのバックヤードに逃げ込んだ。後を追いかける。 ふと周りを見回すと、アンパンと和菓子が積んである。アンパンも和菓子も、先ほどコンビニで購入したものと同じだ。このままではこちらが泥棒扱いである。 …

甘酸っぱい夢

夢というよりも、一瞬のイメージと言った方が近いかもしれない。 小さな丘を削ってコンクリートで固めた場所で、小学生低学年くらいの男子二人が座っている。 二人の間に、綺麗なショートカットの女の子がいる。垢抜けた感じの子だ。 「今月で引っ越すのよ」…

2014/3/16朝

父とターミナル駅にいる。 西武線と小田急と京王線が乗り入れている駅だ。いくつか線を乗り換えて、JRに乗らねばならない。関西方面に向かうようだ。 妻と子が切符を渡してくれた。大小取まとめて5枚ほどある。切符の文字はぼんやりして良く読めない。乗…

2014/3/15朝

3月も半分が終わる!! 嬉しい。 最近は夢を見ない。ストレスの恐ろしさよ。 . プロジェクトが上手く行くかどうか。 ストレスが強い仕事かどうか。 所詮は人の問題である。方法論とか仕事論とか自己啓発とか、そんなものは何の関係もない。何の役にも立たな…

2014/3/9早朝

AKB48だか何だかの研修所に来ている。 何かの懸賞に当たったのだ。 グラウンドもある。高校の校舎のようだ。 えんじ色のジャージを着た女の子たちが、宿舎でいろいろ訓練をしているようである。 大変だなあと思いながら眺めている。 グラウンドの隅に隠れて…

2014/3/3早朝

山間の町に来ている。 盆地である。田んぼや畑の合間に、ところにため池があって、ちらほらと黒い生き物が見える。 カラスか?と思ってよく見ると、どうやら黒猫の形をしている。しかし猫が池で生息するはずがない。猫のような形をした魚ではないか、と思う…

2014/3/2朝

会社の研修で、都会の宿舎に泊まっている。 闇夜である。裸で外を歩いている。 非常に気分がよい。(アブナイ夢だな) 大きな河沿いに散歩する。夜が明けそうだ。そろそろ帰らねば。 暗い中、急いで宿舎に戻る。 黒板があるから教室だろう。人の気配がする。…

2014/2/27早朝

上の子から電話があった。 今どこにいる?と聞くと赤羽にいるという。 親戚に行ったはずだ。赤羽には親戚はいない。 戻ってこれるか?と聞くと、要領を得ない返事が返ってくる。 赤羽からJRに乗って秋津で降りろ。そこから西武線に乗り換えるんだと指示す…

2014/2/25早朝

通勤途中の道で酒屋のおじさんが日本酒を並べていた。 ビルの通路である。花陽浴が並んでいて、これは買おうかと思う。 物色していると酒屋のおじさんが話しかけてくる。軽く雑談をして「帰りに買いますよ」などと言って会社に向かう。 職場に持って行くわけ…

2014/2/24早朝

微妙に意識している連続更新が、あっさり途絶えてしまった。 昨日の朝、煮豚を作ったり鶏肉をヨーグルトに漬けこんだりシャツを洗ったりした後で、家族で池袋に出かけ、下の子と昼酒に行って(カルピスソーダを飲ませつまみを食べさせた)、酩酊しながら料理…

2014/2/19早朝

旅館の和室でお客さんを待っている。ミーティングがあるのだ。 下の子が「ロビーにお客さんが来てるよ」と教えてくれる。 どう見ても着流しの大島渚である。ちょっと緊張するが、年を召されたせいか、すっかり好々爺然としておられて安心する。 他のお客さん…

2014/2/18早朝

塚地武雅氏が、よく分からないイカのドンブリを持ってこちらを睨んでいる。 わたしの牛丼(吉野家)を狙っているのだ。イカのドンブリなぞ食べたくない。 とうとう牛丼を巡って争いが始まる。お互い、真剣にキックを繰り出す。 勝負に勝って、無事牛丼を食べ…

2014/2/17朝

昨日19:00台に酔っぱらって眠り、22:00に一旦起きて歯を磨き、そのままウトウトしながら朝を迎えた。 昼酒を2合程度に抑えれば、ほぼ普段通りに夜を過ごせることは分かっているのだが、それよりもいっそ酔っ払って早々に眠った方が、翌日の調子がよいのでは…

2014/2/12早朝

リストラに関する夢を見た。 . アメリカのようにスパッと切ってしまうリストラも残酷だが、日本ではまた特有の残酷さがあるように思う。 まず、もともと日本のサラリーパーソン集団では同調圧力が強い。 「出る杭は打たれる」などと言う。「村八分」とか「仲…

2014/2/10早朝 全部、雪のせいだ

・妻と仲良く外食した夢を見た。正しい夢である。 ・世紀末のメル・ギブソンが(要はマッドマックスである)、砂漠の洞穴で仏教の修行をしていた。毒蜘蛛を全身にまとっていて、どうもその修行は違うのではないか、と思った。 ・何かの組織に追い立てられて…

2014/2/7早朝

今のストレス源が、すっかり男前のいい人になってしまった夢を見た。 これはこれで困ったなあなどと思っている。 . 水に流すという言葉がある。正しいと思う。いつまでもグダグダ恨みを持っていても、何もいいことはない。 そうはいっても、簡単に許すことが…

2014/2/4早朝

貴重なワニを発見した"こち亀"の両津と、中川の親父さんが、そのワニについて喧嘩だこで争っている。何億円もの価値があるそうだ。 観戦していると(両津のタコは地面に何度も叩きつけられている)自分の傍に弱ったワニが寄ってくる。とにかくデカイ。皮膚は…