読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A Life With Adult ADHD

2014年にADHD持ちであることを確信し、2017年に自身のサイコパス属性に気が付いた一人会社IT社長のブログ

快適に人生をやり過ごすために。【皆さまのADHDブログ

酔余、鏡

酔っ払って、歯を磨く。 . 鏡を見る。 見慣れた顔である。 骨格は父親だ。 眉は父親6割、母親4割。 鼻、口。わからない。5割くらいか 目は父と母のブレンド。妹と近い気がする 髪の毛は、これは間違いなく母ゆずりのボサボサ系。 . オレって何だ? 父と母…

「Buddha In Blue Jeans」を読んだ

無料の電子書籍である。(PDF版「Buddha In Blue Jeans」ダウンロード) 著者はTai Sheridanという方。鈴木俊隆(Wikipedia)のお弟子さんだそうだ。 この本、禅の入門書としてかなり良いと思う。とても分かりやすくて、レベルも高い。日本の禅関連書籍は「ビ…

読んできた本(1)

生きるってのはしんどいっすな。 とか、大学生の頃から(いや、高校生かな?)何となく思ってたわけですが、そのままずるずるしんどくなって、どうもこりゃ参った。つらいよな。となって止まらなくなったのが就職してから。 苦しい。しんどい。とか思いなが…

(自殺したら)いかんのか?

ホリエモンが「ブラック企業なんか辞めればいい。起業すればいい」などとTwitterでつぶやいたらしいですね。 しかしまあ、この人。頭はいいのでしょうが、品格とか人間的な深みとかを全く感じさせないところがスゴイと思います。 などとWebの片隅で言ってみ…

命の重さ ホンネとタテマエ

などと重々しいタイトルがついておりますが、内容は大したことないっす。 室町時代の行動倫理あれこれ を読んで。 本文中でも書かれてますが、室町時代は命の安さが今と全く違う。江戸時代と比べてすら遥かに安いで砂。そして逆に面目がやたら重い。だから、…

ニーチェ「この人を見よ」

ニーチェ最晩年の作。 ニーチェの中では、この本が一番読みやすくて、力づけられる気がします。 他の本は、基本的にピンと来ませんな。 ニーチェ。 キリスト教、従来の価値観、哲学を徹底的に否定した人。 「アンチテーゼ」の人。 徹底的な無神論者。 無神論…